教育Education

 私の原点は,公立高等学校の教員です。兵庫県立高等学校教諭(英語)として,長年勤務したのち,兵庫県立教育研修所指導主事を経験しました。そこで,多くの素晴らしい先生方と出会い,教室研究であるアクション・リサーチに取り組み,その後も英語授業研究サークルや英語授業研究学会等で,現職の先生方の授業を拝見させていただき,より良い授業の在り方を共に考え,様々な指導,言語活動や評価に取り組んだりしております。
 また,現在,文部科学省指定「外国語教育強化地域拠点事業」「外部専門機関と連携した英語指導力向上事業」「スーパー・グローバル・ハイスクール(SGH)」の運営指導委員や,小学校教員に対する中学校英語二種免の認定講習,スキルアップ講座など教員養成・教員研修に広く携わっております。また,文部科学省検定教科書英語(中・高)の著者をさせていただき,現在は小学校英語の教科書つくりにも取り組んでおります。
 グローバル化・情報化に伴い,国際共通語としての英語を使いこなせるようにするためにも,英語教育はますます重要になります。地球規模の課題解決,世界平和や人類の幸福など,これからのグローバル社会に貢献できる地球市民(global citizens)の育成を目指し,4C(Critical thinking,Communication, Collaboration, Creativity)を大切に,教育活動を進めて参りたいと思っています。

教科書一覧

コミュニケーション英語Perspective

文部科学省検定教科書 高等学校
『コミュニケーション英語Perspective』(第一学習社)
教科書、教師用指導書、参考資料作成 (2016, 2015, 2014, 2013)

教員志望の学生のための特別支援教育ハンドブック

『教員志望の学生のための特別支援教育ハンドブック』のコラム『小学校外国語活動と特別支援教育』を執筆 (2011)

教員志望の学生のための特別支援教育ハンドブック

文部科学省検定教科書 中学校英語 『One World 1, 2, 3』 並びに教師用指導書作成・執筆 (2016, 2011)

Voyager English Course Readin

文部科学省検定教科書『Voyager English Course Reading』(2007) (共著 第一学習社)教員用指導書 並びに評価問題、資料集(2008, 2006)

Voyager English Course

文部科学省検定教科書『Voyager English Course』(2007) (共著 第一学習社)評価問題、資料集 (2008, 2006)

New Stream English

文部科学省検定教科書『New Stream English』(2002) 教科書関連補助教材(指導書、生徒用ノート、評価問題、資料集等)執筆 (共著 増進堂)(2002)

教員研修・講演等

泉惠美子研究者総覧】をご覧下さい。

参加学会一覧

  • 全国英語教育学会 The Japan Society of English Language Education
  • 外国語教育メディア学会 The Japan Association for Language Education and Technology
  • 大学英語教育学会 The Japan Association of College English Teachers
  • 関西英語教育学会 The Kansai English Language Education Society
  • 小学校英語教育学会
  • 日本児童英語教育学会 The Japan Association for the Study of Teaching English to Children
  • 英語授業研究学会 Japan Association for the Study of Teaching English
  • 日本英語コミュニケーション学会 The Japanese Association for Studies in English Communication
  • The American Association for Applied Linguistics
  • The International Association of Teachers of English as a Foreign Language
  • 京都教育大学英語教え方研究会
  • ことばの科学会
  • 英語授業研究サークル
  • 日本教育工学会
  • 日本第二言語習得学会The Japan Second Language Association
  • Asia TEFL
  • 日本言語テスト学会
PAGE TOP